まどか☆マギカ | ジャグラー | マクロス | バジリスク | 化物語 | 花の慶次 | 番長 | エヴァ | ハナハナ | モンハン | 北斗 | 鬼武者

パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素コラム

皆さんのお手元に届くまで、つまり私達、中古パチスロ販売業者に入荷する前の段階で、パチスロ実機の中古価格相場がどのように決っていくのかご紹介したいと思います。

パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

パチスロ実機の中古価格相場は、さまざま要素で決定されています。そのため、誰かか意図的に価格相場を動かすといった悪巧みも出来ない、公正な価格決定がされる製品のひとつと言えます。

では、どんな要素がパチスロ実機の中古価格相場に影響があるのか見ていきましょう。

中古価格相場が決まる要素

  • ・販売/設置台数
  • ・中古市場における流通量
  • ・検定期間
  • ・再検定の有無
  • ・本体の評判/人気
  • ・下取り

販売/設置台数

販売/設置台数が多い機種ほど、メーカーの力の入れどころが違ってきます。とくに前評判が良い機種や、期待値の高いパチスロ機の場合は、注目度も高く、多くのユーザーが打つ機会を捻出します。

そうした「販売/設置台数」は中古価格相場に影響する大きな要素です。販売/設置台数が多ければ、その分、流通量も増えることから入手が「容易」になってきます。よって中古市場に溢れるため、価格が下がりやすくなります。

一方、限定数で販売/設置されるパチスロ機は数量に限りがあるため、一種の「レア化」することもあり、価格が下がるまでの期間は、流通量が多い機種の数倍かかるのが現状です。ホール限定パネルや、地方限定パネルなどが、その類に入ってきます。

一昔前までは、「沖縄」を中心とした限定機種(30φ仕様)が流通量も少なく、かつギャンブル機と呼ばれるほど激しい波を持つ性質が相まって、希少な機種がいくつも存在ました。今でこそ、全国各地に満遍なく設置されるようになりましたが、未だ地方限定で販売されていた中古パチスロ機は高い価格を維持し、年月を重ねるとごとに価格上昇傾向にあります。

販売/設置台数|パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

中古市場における流通量

販売/設置台数と平行して、基準となるのが「流通量」です。販売/設置台数が多くても、実際に中古市場にどれだけ流通するかで価格の推移は変わってきます。販売/設置台数が多く中古市場への流通量も豊富な機種は、値下がりし易い傾向にあり、「下取り」や「再検定」などにより中古市場への流通量が乏しい機種はなかなか値下がりしません。

中古市場ではホールも再設置できるパチスロ機を探すため、最初は流通量が多くても、「評判や稼働人気」などにより中古市場において品薄となった場合は価格上昇する傾向があります。流通量を左右する「評判や稼働人気」「下取り」「再検定」が中古市場の流通量を変化させる要因となっています。

中古市場における流通量|パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

検定期間

検定期間について説明すると長くなってしまうので、簡単に説明すると「ホールに設置できる状態の期間」という説明が解りやすいと思います。設置期間には上限が存在せず、規定に添った正しい状態であれば何年でも設置できるのがパチスロ機です。

パチスロ機も機械製品なため、経年劣化や設置環境などにより壊れてしまうこともあります。壊れてしまうと修理が必要になります。その際に必要なのが「変更承認申請」というもので、要は「部品交換してもいいですか?」という申請を提出します。この届出には規制があり、検定を通過してから「3年以内」となっています。

つまり、設置してから3年以内に「変更承認申請」を届け出なければ、「壊れた時点で設置終了」となります。設置してから3年以内に「変更承認申請」を届け出れば、「認定」を受けることで「更に3年間」設置が可能です。あとは申請と認定を繰り返し行えばずっと設置が可能ということですね。

ですが現実的に、3年を超える機種が出てくるとは稀です。大ヒット機種または超安定機種などがそれにあたりますが、再検定の手間などもあり、なかなか延長する機種が少ないのが現状です。

さて、この「検定期間」がどのように中古価格相場に影響するかと言うと、一般的に「検定期間」が終了間際の機種は一気に中古市場に流れます。この中古市場に流れたタイミングで、対象のパチスロ機は一時的に市場在庫が溢れます。よって流通量が増えるため、価格が下がる波が生まれ、これまで緩やかに下降気味だった価格推移が大きく変動します。

設置から経過した期間が長くなるにつれ、中古市場へ流通する量が増えるので、検定期間が長い機種ほど値下がりし易く、検定期間が短い機種ほど「再検定」の可能性があるため高いまま価格推移する傾向があると言えます。ただし、再検定が行われない場合は「撤去対象」になるため、価格は次第に下がっていきます。

検定期間|パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

再検定の有無

先ほど検定期間でも触れましたが、パチスロ機は「再検定」を受けることで、ホールに設置可能な期間を長く保つことができます。また一度撤去された機種も、再申請することで再設置が可能になります。(この再設置に関するご説明もちょっと複雑なので今回は割愛)

パチスロ実機の評判や人気が高ければ高いほど、ホールは手放したくないため「再検定」に手間をかけてでも設置することを望みます。しかしメーカーが再検定を通すための書類を出さないケースも存在します。長く使って嬉しいのはホール側で、基本的に販売を軸に展開するメーカーは、長く使ってもらうよりも新しく買ってもらう方が利益があるため、再検定を受け付けないといった事があるんですね。

再検定の有無を知るにはホールまたはメーカー関係者しか解らないため、中古販売業者といえども後から知ることができる情報です。よって一般ユーザーの方は判断できないと思われるでしょうが、「検定期間切れ」間近の機種を目安に判断ができると思います。検定期間の情報はネット公開されていますし、パチスロ機本体(下部パネル)に証紙(許諾証)が付与されていますのでいつでも確認が可能です。

中古価格相場への影響についてですが、「再検定」を通すほど人気な機種はやはり値下がりし難い傾向があります。ある一定期間(3年が目安)を超えれば、稼働機種のラインナップも大幅に変わったり、規制そのものが変更されたりするため、「再検定」を通す可能性が大幅に減少します。そのため、検定期間の残りが短い(1年が目安)機種は、中古市場へどんどん流れていくため、値下がるだろうなと予想されます。逆に「再検定」が通ると、中古市場の在庫が減少するため価格高騰が予想されます。

再検定の有無|パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

本体の評判/人気

対象のパチスロ実機本体の評判や人気は、数値的に判断がし難いポイントなため、価格への影響は未知数だとも言えます。ただ、やはり評判や人気はひとつのバロメーターにもなるため、中古市場の「流通量」を動かす要因にもなっています。何をもって人気があるのか判断しづらいところですが、私達、中古販売業者が見るポイントをご紹介。

  • ・メーカーがどれだけ力を入れているか
  • ・コラボ製品、タイアップ製品であるかどうか
  • ・パチスロの歴史やこれまでの慣例を覆す新しい性能/性質
  • ・雑誌や情報サイトの特集回数や期間

特にメーカーがどれだけ力を注いでいるかは重要で、販売/設置台数に影響します。また、前評判は試打レポやメーカー公開情報などが影響するため、評価の高い機種などはロングテールする作品になると考えています。ただ、やはり判断が難しく、いくら前評判が良くてもウケが悪い場合もありますし、後からジワジワと存在感を示す機種があるのも事実です。そうした評判/人気が流通量に影響し、市場価値を上げたり下げたりしています。

評判や人気だけでは中古価格相場が決まることはありませんが、流通量や設置/検定期間への影響もあることから、価格相場の判断材料のひとつになります。


下取り

一昔前までは、「下取り」というシステムはあまり浸透していなかったのですが、現在ではごく当たり前に行われる取引となりました。一台でも多く売りたいメーカー側と、出来るだけ安く購入したいホール側の双方が助かるシステムですね。

ホール側は、1台買ったら次に購入する際に、前回購入したパチスロ機を下取りに出し、新しい機種の購入費用に充てることで、購入費用を安く抑えることができます。メーカー側は下取りを行うことで、また次の購入機会を得るチャンスが増え、下取った実機のパーツや部品を再利用することができるため、投下コストが安くなります。

こうしたメーカーとホールとの間で上手く生存していく手段となる「下取り」ですが、中古パチスロを買うユーザーからすると困った話のひとつでもあります。

「下取り」されるということは、中古市場に流通しないため、絶対量が大幅に減ってしまいます。そのため中古価格相場が高騰し、一種のレア化状態に陥ります。また、下取りが入る機種を持っているホールは、次回購入時の費用を抑えることができるため、利ざやでプラスと判断できれば少ない中古市場在庫からも購入します。またメーカーから新しい機種を購入できる一種の権利(名目上は存在しない)を有するため、少々お金を出してでも、新しい機種を得るチャンスが作れるなら、「下取り対象機種」を中古市場から購入するわけなんですね。

そうなると、お解りの通り中古市場における在庫が減少するため、値段も徐々に上昇していきます。ただし、「下取り」というある種のボーダーラインがあるため、一定価格以上に上昇することは起きません。そのため、一時的な価格上昇はするけども、その後は緩やかに減少していきます。

しかし、その緩やかに価格減少が起きる過程で、「市場在庫数」自体が少なくなっていくため、入手が難しくなってしまうことがあります。そういった場合は、やはり中古価格相場は高い価格を推移したままの状態が続きます。

下取り|パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素

まとめ

パチスロ実機の中古価格相場が決まる要素は、主に「販売/設置台数」「流通量」「検定期間/再検定」「評判/人気」「下取り」から構成されています。どれか一つだけで中古価格相場が決まるわけではなく、平行して複雑に絡み合うことで、パチスロ台の価格が決まってきます。昨日まで1万円だった機種でも、明日には突然3万円になったり5,000円になったりと、中古価格相場が上下するのがパチスロの特徴です。

欲しいと思った時が本当の買い時ですが、出来る限り安く買うためには、少しばかりの調査と気遣いが必要かもしれませんね。私達のような中古販売業者は、常にアンテナを張っていますので、お客様に出来る限りお安く良いモノを提供できるよう心がけています。気になる機種、狙っているパチスロ台があればお気軽にご相談いただければと思います。BIG-SLOTでは、品切れ機種や、未掲載機種の「取り寄せ」にも対応しています。

関連記事

特集一覧に戻る

創業13年|中古パチスロ実機販売ビッグスロット

パチスロ実機|なんでもランキング特集 パチスロ実機に関係した、いろいろなランキング特集をまとめました。

家スロをもっと楽しく!更新履歴

3/2 注目のベスト20機種


気まぐれ特価品

みんなが見ているパチスロ実機|注目のベスト20機種

注目の中古パチスロBEST20

歴代の機械割ランキングBEST5

歴代の機械割ランキングBEST5

パチスロ動画/パチンコ動画のメーカーチャンネルまとめ

パチスロ動画/パチンコ動画のメーカーチャンネルまとめ

シリーズ初となる迫力の3D映像でバトルを楽しめる「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」

シリーズ初となる迫力の3D映像でバトルを楽しめる「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」

パチスロ北斗の拳 新伝説創造

パチスロ北斗の拳 新伝説創造

可動式液晶「G-スライド」が驚きの演出を生む「モンスターハンター 狂竜戦線」

可動式液晶「G-スライド」が驚きの演出を生む「モンスターハンター 狂竜戦線」

アナザーゴッドハーデス 奪われたZEUSverで富を得るには辛抱が鍵

アナザーゴッドハーデス 奪われたZEUSverで富を得るには辛抱が鍵

ARTの自力継続要素に心が高鳴る「パチスロ牙狼-守りし者-」

ARTの自力継続要素に心が高鳴る「パチスロ牙狼-守りし者-」

4ステップで終わるトランスの付け方

4ステップで終わるトランスの付け方

2ステップで終わる中継ハーネスの接続方法

2ステップで終わる中継ハーネスの接続方法

2ステップで終わるボリュームの付け方

2ステップで終わるボリュームの付け方

メルマガ割はじめました

安全で安心なお買物をしていただくために